料金
  • ジャンボ海水プール一般入場券(遊園地入場+プール利用)大人3500円、小学生2700円、幼児(2歳~)1500円(2016年8月現在)
公式HP
割引情報

日本で最大どころか世界で最大規模のレジャープール『ナガシマスパーランド・ジャンボ海水プール』。
1日では制覇できないほどたくさんのスライダーやチューブアトラクションがいっぱいです。
スリル満点のスライダーがたくさんある一方で低学年までの子供専用のプールもあったりして、大人だけのグループから家族連れまで楽しめるよう工夫されています。




なんと世界最大級!ナガシマスパーランド・ジャンボ海水プール

本当に広くて広くて迷子になりそうなナガシマジャンボ海水プール。
プールの種類は10種類以上、スライダーはなんと18種類以上もあるという桁違いのスケールで、他とは比較にならないほどの大規模プールです。

ナガシマスパーランド プール口コミブログ

 

造波プールだけでも5000㎡もあるから、「造波プールにいるはず」というだけでは絶対に会えない広さ。

そのほか第1流水プール・第2流水プールと二つの流水プールに、ファミリープールに子供プール、温泉プールにせせらぎプールにえーっとえーっと…。。。もうたくさんありすぎてわかりません!!

絶叫系で有名なナガシマだけあって、プールのスライダーも日本全国探してもここにしかないような絶叫スライダーが揃っています。たくさんありすぎて1日では絶対に制覇できません!

大阪から名神・草津JCT⇒新名神⇒伊勢湾岸自動車道5分・湾岸長島ICを降りたら目の前にナガシマスパーランドがあります。吹田JCTから約2時間で行けて関西から日帰り圏内です。
大人でも、幼児でも、文句なしに楽しめる、断トツ1位の規模を誇るナガシマスパーランドジャンボ海水プールなのです!

プールと同時に遊園地も楽しめるのですが、プールの規模が大きすぎて1日では遊園地まで楽しめないかも。
遊園地もプールも満喫したいかたは是非1泊旅行で行ってみてください。

ナガシマジャンボ海水プール周辺のホテル一覧はこちら

小学3年生以下限定のスパキッズもあるから、幼児さんでも楽しめる!

ナガシマスパーランドは大人向きの遊園地という印象が強いのですが、最近のナガシマは幼児と一緒のファミリーでも楽しめるように変化を遂げています。

特にプールは、2009年に小学3年生以下限定のスパキッズがオープン。

なんとここだけで2000㎡もあるんです!完全に屋内施設になっていて、目にしみない真水を使用。日焼けの心配をすることなく赤ちゃんでもゆっくり遊ばせることできます。

中には、水鉄砲や、ロープを引っ張ると水がでるしかけがあったり、2歳からすべれる年齢別滑り台があったりと、完全幼児さん~低学年むけの内容。

特に遊具で遊ぶプールは水深0㎝、滑り台などあるプールも水深5センチほどと、小さな子供でも安心して遊ばせることができるのが特徴です。

ナガシマスパーランド プール口コミブログ

 

もちろん屋外にも子ども用のプールがいたるところにありますのって、どこで遊ぶか迷ってしまうほどです。

ナガシマスパーランド プール口コミブログ

ナガシマはサンシェード持ち込み禁止。休憩所で場所取りを!

ナガシマのプールは、サンシェードやテントの持ち込みは禁止です。

プール内には3階~4階建ての無料休憩所がありますので、そこにレジャーシートを敷いて場所取りをして休憩所を確保します。

全部で1万人以上収容できるという休憩所はいくつもあって、半端なく広いです。

子供には、「迷子になったらここの休憩スペースで待ち合わせだよ」と言っておくこと、似たような休憩棟がたくさんあるので「この目印の後ろにある休憩棟の○階だよ」としっかり説明しておかないと簡単に迷子になってしまいます(←経験者)。

この休憩スペースは日陰になっているし、まわりは休憩している人ばかりですのでプールの喧騒を離れてゆっくりできて、休憩場所としては最高。赤ちゃんもゆっくりお昼寝できます。

ナガシマスパーランド プール口コミブログ

ただし朝早い時間にスペースを確保しないと、遠い休憩所の1番上の階などになってしまって、不便。なるべく朝早くに1階フロアOR2階フロアを確保したいところです。サンシェードやパラソルは持ちこめませんので要注意。

駐車場代1000円をタダにする方法

ナガシマスパーランド内ジャンボ海水プールは、ナガシマリゾート内にあります。

ナガシマリゾートは、ナガシマスパーランドだけでなく、ジャズドリーム長島(三井アウトレットパーク)、名古屋アンパンマンミュージアム(厳密には名古屋ではありませんが…)、湯あみの島(温泉)、系列ホテル3つなどを同敷地内に有する、東海地方ナンバーワンの巨大リゾート。
リゾート内には、巨大な巨大な駐車場がありまして、どこへ行くにもその共通駐車場に停めることになるのですが、この駐車場へ停めるのに1日1000円の駐車料金がかかります。

しかーし!!!
ジャズドリーム長島(アウトレット)内で3000円以上の買い物をすると、この駐車料金を払い戻してくれるサービスがあります。

ジャズドリーム長島は、プールから駐車場に戻る途中にあるので、ちょっと立ち寄るだけで駐車料金がタダになりますよ!

ジャズドリーム長島内のフードコートでお食事をしても駐車料金はタダにしてくれるので、帰り際にフードコートで食事して、駐車場料金を優待してもらってから帰るっていうのがおススメです。

ただし、レシートの合算は不可なので、1つのお店で3000円以上使うようにしてくださいね。
>>詳しくは三井アウトレットパーク・施設のご案内をご覧ください。