鶴見緑地プール 混雑 情報

料金
  • 大人1200円、小学生600円(2017年6月現在)
公式HP
割引情報
  • 朝一番の入場が空いています。
  • 飲食物持ち込み可なのでお弁当など持ち込むとお安く楽しめます。




屋内プールと屋外ゾーンの両方楽しめる巨大プール。

造波プールのある屋内プールは一年中楽しめます。夏期はさらに屋外プールもオープンし、広々と遊べるのが特徴。

子供専用の浅いプールもあって売店なども充実しているので長い時間楽しめます。小学生未満は入場無料なのもうれしい!

【屋内プール】

鶴見緑地プール 混雑 情報

【屋外プール】

屋内プールにも流水プールと造波プールがあって年中楽しめるのが魅力。広さでは服部緑地など屋外型プールにはかなわないけれど、打たせ湯やジャグジーなどプールの種類の豊富さでは群を抜いています。

年中泳げるスパリゾート 鶴見緑地プール!

こんな豪華な公営プールがあっていいのか?と思うほど、豪華な施設の鶴見緑地プール。屋内・屋外両方にプールがあるから、年中通して遊べます。

鶴見緑地プール 混雑 情報

8種類のプールと2種のスライダーを完備し、施設内での買い物はICタグの入ったロッカーキーでOKという完璧さはもはやスパリゾートの域!

鶴見緑地プール 混雑 情報

 

それなのに、大人1200円、小学生以上600円、幼稚園無料というお手頃価格!スライダーも無料!すごいっ!
それゆえ夏季の繁忙期にはオープン前から行列し入場制限もかかるほどの人気ですので、繁忙期にお出かけの際は早めに到着されることをおススメします。

隣接する花博記念公園鶴見緑地は無料で遊べるので、こちらも一緒に楽しめます。園内には水遊びのできる渓流などもありますよ。

レジャーシートはOK。でもサンシェードは不可。休憩エリアが狭いので注意

鶴見緑地のプールは悲しいかな、ちょっと敷地が狭いんです。
屋内プールは2階部分に、屋外ゾーンの奥の方にも休憩場所はありますが、場所は広くはありません。早めに行って日陰の場所を確保したいです。

鶴見緑地プール 混雑 情報

レジャーシートを敷くことはできますが、サンシェードなど立体のものを設置することはできません。写真手前に移っている小さな椅子もNGとのことで係員のお兄さんが注意しに来ていました。

夏休みはオープン前から大行列・入場制限もあり

鶴見緑地はその施設の充実度ゆえ、大人気のプールです。
夏休みの土日ともなると、オープン前から大行列となります。

しあわせの村 水遊びスポット 関西大阪周辺

私が行ったのは夏休みの最終土曜日だったのですが、8時45分着でこの行列↑。
9時のオープン時には、さらに倍の長さに伸びていました。
こうなるといざオープンしても1組ずつチケットを買うので入場するまでに20分もかかる始末。
12時に出てきた時にもまだずいぶん並んでいました。入場制限がかかっているので、中にいる人が出てこないと入れないとのこと。
夏の炎天下、小さな子供を連れて待つのはつらいので、計画性をもって行ってくださいね!

1メートル以上の浮き輪はNG!

鶴見緑地プールには、1メートル以上の浮き輪は持って入れません。

ドーナツ型の浮き輪で1メートル超えるものってなかなかないですが、ボートとか、イルカ(こんなの↑)とか、長い浮き輪はホトンドが不可のようですので要注意。

売店の清算はロッカーキーで!

鶴見緑地プールの便利なところがこれ!ロッカーキーで売店の清算ができるんです。だからプールの中には貴重品は一切持ち込まなくていいんです。

鶴見緑地プール 混雑 情報

入場時にこのロッカーキーを渡されるので、この番号のロッカーに荷物を入れプールで遊びます。売店では、このロッカーキーをかざして清算し、着替えて退場するときにお金を払います。
プール内には、貴重品は一切不要。盗難などもあるそうで、むしろ持っていかないように注意喚起されています。

鶴見緑地プール プール紹介

流水プール

屋内から屋外に続く流水プール。
どうやら冬季は屋内だけのコースが、夏季には屋外にも延長するように作られているようです。
途中滝があったり水が噴き出すポイントがあったり、小さい子供も楽しみながら流れます。私が行った夏休み土曜日には、イモ洗いを通り越して、ゴシゴシ洗いにも似た流水プールでした(笑)。

造波プール

定期的に波が起こります。結構大きいというか、固い波です(笑)。
波打ち際でも座っていると押されてひっくり返るほどの強さ。

鶴見緑地プール 混雑 情報

小さいお子様は目を離さないように注意です。
屋内プールにあって雨でも冬でも楽しめます。

こども用プール

水深20㎝~50㎝くらいの浅いプール。
これも屋内プールにあるから雨でも冬でも子供が楽しめていいですね~。

鶴見緑地プール 混雑 情報

屋内プールに子供用プールまで充実している所は少ないので、これは貴重です。
小さな子供を冬でも楽しめるプールといえば、鶴見緑地ではないかと思います。

じゃぶじゃぶ池

屋外エリアにあるじゃぶじゃぶ池。ここは、1時間に1度ある休憩時間でも水に入れるとあって、子供たちに大人気です。
滝に登るのはNG。下の石をぴょんぴょん飛ぶのはOKです。小さい子供でも安心して遊ばせられます。

鶴見緑地プール 混雑 情報

ジャグジー・スリーピングプール・打たせ湯など

洞窟のように隠れているジャグジーが2か所、寝ころびながらのんびり入れるスリーピングプール、マッサージ効果で肩こり解消の打たせ湯があります。いずれも屋内プールにあるので冬でも使えます。

鶴見緑地プール 混雑 情報

鶴見緑地プール 混雑 情報

鶴見緑地プール 混雑 情報